2004年12月08日

カウンタ設置しました

カウンタを設置してみました。

IT業界で働いているのにも関わらず、自社製品以外にとんと無頓着なため、設定方法があってるのかどうかもわかりません。とりあえず、カウントしてるみたいなんで、いいかなと。
カウンタは、ネットで見つけた忍者ツールというとこのを使っています。ここが僕にとって適切なのかどうなのかはわからないのですが、とりあえず、カウントしてるみたいなんで、いいかなと。

勢いで(といってもそんなにすごい勢いではなかったんですが)ブログを立ち上げてみたものの、当たり前ですが、なかなかアクセスは、増えてくれないようです。何か、お店を立ち上げてみたけど、お客さんがなかなか来ないというような状況でしょうか。ネットには、アクセスを上げるための方法あれこれみたいのがたくさんあるのですが、まあ、そんなに急ぐこともないかなと思っています。

もし、奇特にも、このサイトを訪問することになった方、何か足跡を残してみてください!今なら、返信率100%です!!
posted by Roma at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

20代後半の悩み

僕は、20代後半の男です。

一応、サラリーマンとして、働いているのですが、この年代は、みんな悩んでいるようです。とりあえず、仕事は覚えたし、余裕もできたし、後輩もできた。けど、これでいいんだろうか?他に興味のある仕事があるんだろうか?もっとやりがいを感じて生きなければならないんじゃないか?などなど。

まあ、悩んでてもしょうがないので、とりあえず、情報収集です。
昨日は、監査法人の方にお会いしました。
初めから、現時点で、転職はないです。すみません。とお断りしてましたので、構えることなく、ざっくばらんにお話をしてくれました。

共有できそうな、下記3点を記述してみます。
1. 自分の価値を認識すること。
2. どのポジションで、何をし、いくら稼ぐかということを明確化すること。
3. 仕事の住み分けと、自分が住む場所を考えること。

1. 自分の価値を認識すること

「君、何ができんの?」

なんて、よく聞かれる言葉ですが、同業界だったら答えるのは簡単なんですよね。このソフトウェアのこの分野に強くて、プロジェクトに入れば、ここまでなら1人でできるし、現在は、この部分もできる自信はある。みたいな。

けど、他業界の方に説明するのは、けっこう難しい。うちのソフトウェアは、こういう機能で・・・なんて、説明してもあまり的を得ていないし、第一、「うちのソフトウェア」で、一生食ってくつもりもない。じゃあ、ソフトを離れて話をしなきゃいけないんだけど、これがなかなか難しい。つまり、汎用的なスキルが不足しているんですね。まあ、実際の仕事には、そこそこ自信があるのですが、そこそこしかないようです。というか、そのそこそこを言葉にできないとだめ。

2. どのポジションで、何をし、いくら稼ぐかということを明確化すること。
認識しているようで、認識していないようです。
まだ、土台作りをしてる(いつまで?)と思っているので、将来的に、どのポジションでとか稼いでるという実感はないのですが、そこに至るまでのプロセスは、今から考えなければいけないようです。

3. 仕事の住み分けと、自分が住む場所を考えること。
上記2.ともかぶるのですが、日本の公認会計士しかできない仕事、USCPAでもできる仕事、弁護士と組めばできる仕事、MBAを持ってなきゃできない仕事等々、仕事の住み分けというのは、外から見るよりも、明確に分けられているようです。
例えば、M&Aなんていうのは、MBAを取得していないと、かなりつらいようです。そういう机上での切った貼ったということと、MBAのサークル(人脈)で仕事がまわるようで、一種の学閥のようなものでしょうか。
だから、2.で、どのようなポジションで仕事をしたいというのを固めたら、3.で、どのような住み分けなのかを考え、そのスキルに邁進することが必要なようです。

などなど、話は、人生の話から、司馬遼太郎までいろいろ飛んだのですが、久しぶりに、よい意味で「日本人」という方と話ができて、とても楽しかったです。やはり、年上の方と話をするのは、とても勉強になります。

まあ、とりあえず、目の前にある仕事をがんばります。
そうそう、1月1日付けの異動が確定しました。
posted by Roma at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

始動の始動

遂に、ハヤブサの名義変更が終わりました。陸運局に2回も行く羽目になり大変(単純に自分のミス)でしたが、ついに終わりました。そして、任意保険の移行もいそいで終わらせたので、遂に、遂に、始動です。
まずは、会社まで(片道40分くらいかな)っと思って、朝、バイクを引き出しました。

駐輪場から出すだけでも、250と比べ、その重厚感に、ちょっと酔ってしまいます。
マンション住人の迷惑にならないように、ちょっと離れたところまで押し歩き、バイクに跨ります。
キーを回し、ウィーンと、各メーターの針が動くのを確認します。250にはない機能なので、これだけでも、嬉しい。
左手でクラッチを切り、右足でブレーキを踏み、いよいよセルボタンを押します。

そうすると、今まで聞いたこともないような、もの凄い咆哮がマフラーより吐き出され、やっぱり、このバイクを買ってよかったと心底思い、身を震わせます。

っという予定でしたが、セルボタンを押しても、うんともすんともいいません。


はあ、バッテリーあがってますな。これは。


ということで、週末、バッテリーの充電をしにバイク屋さんに行く予定です。
だから、ハヤブサ初乗りレポートは、また今度。

ちゃんちゃん。
posted by Roma at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

千と千尋のトイレ

昨日、今日と、目黒の雅叙園に来ています。

雅叙園というのは、結婚式とかで使われることが多いと思うのですが、もちろん結婚式などという心躍る(踊らないか)目的ではなく、会社のイベントで来ています。
また、雅叙園は、あの「千と千尋の神隠し」のモデルとなったといわれているそうです。入るのは今回が初めてだったんですが、エントランスとかからは、映画の雰囲気が伝わってきます。そして、中が広い。イベントは、何とかの間とか大きな会議場のあるところで行われているのですが、そこに至るまでの道のりが長い長い。東京目黒の一等地に、こんなでかい敷地を確保して、箱庭みたいのも作っちゃったりして、結婚式なんて挙げたら、お金かかっちゃうんだろうなあ、なんて、いらない心配をしてみたりします。

そして、トイレがまたすごい。トイレとは思えない崇高な入り口を入ると、トイレの中に川が流れてるんですよ!意図は、不明ですが。
もしかしたら、排泄物の再利用かとも思いましたが、そんなに匂いませんので、浄化施設もしっかりしてるんだろうなあ、なんて思ってしまいました。

いやあ、やっぱ芸術家の意図っていうのはよくわからんもんですわ。
まあ、結婚式場を探す前に、他に探さなきゃいけないものがあるんですけどね。。。。
(昨日と同じ終わりかたですね。進歩なし。)
posted by Roma at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

更新する?しない?

今、住んでいる部屋の更新手続きの書類が届きました。
学生の頃から、転々としてきたので、実は、更新は初めてなんです。どんな手続きなんだろうと見てみると、更新料ということで、家賃の1ヶ月分を支払わなければならないようです。なんてボロイ商売なんだあああ!何にもしてないのに、家賃の1ヶ月分が入ってくるなんて、信じられん。
友人に話を聞いてみると、これは結構普通なことで、更新手数料として、更に1ヵ月分とられるケースもあるようです。更新料は、大家さんへ。更新手数料は、不動産屋さんへ。
この商売、かなりボロイです。これを支払うことによる付加価値は、一切なし。

あまりにも腹が立ったので、家を購入しようかと、考え始めました。で、ちょっと調べると、仮に4000万円の家を買うとすると、800万円ほどの頭金がいるそうです。(28歳からのリアル マネー編←けっこうおもしろいです。)
そして、住宅ローン減税も来年から縮小するようです。

あきらめました。

借家暮らし万歳!!

この28歳からのリアル マネー編という本は、なかなか面白くて、28歳くらいの年齢の人が、現実的に考えるべきお金について、分かりやすく説明してくれます。
ちなみに、結婚するためには、500万円ほどの貯金が必要だそうです。こちらも、まだまだ先ですな。

まあ、問題は他にもあるけど。
posted by Roma at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

入れたら出す。買ったら売る。

今度は、今まで乗ってきたバイクを売ろうと思っています。
悲しいですが、2台持つわけにはいかないので、仕方がありません。

バイクは、96年式のRGV250γなのですが、前のオーナーの時に、外装がかなり傷ついており、あまり、金額は期待できません。
ですが、とりあえず、買取業者にオンライン査定をお願いしました。

結果は下記の通り。

業者 査定金額
A 12-17万円
B 24-30万円
C 30-35万円
D 45万円前後
E 25万円前後
F 20-23万円
G 13-18万円
H 30-33万円
I 33万円

けっこうばらつきました。けど、Dの45万円とか、ありえないですよね。きっと。そう、あの大手バイク買取業者ですよ。きっと、査定フォームに記述した外装の状況とかは全然考慮に入れずに、査定してると思われます。噂では、買うまで帰らないとか。電話もけっこうひどかった。査定の予約入れるまで電話切らせない。電話の前に、僕が切れそうでした。

まあ、全体的に見て、30万円で売れたら御の字というところでしょうか。今週末に、何社かに来てもらって、売ろうと思います。
たくさんの思い出をありがとう。。。しくしく。
posted by Roma at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

使用できない仕様では!?

やばい。昨日は、平日なのに更新できませんでした。ちなみに、PCに触ることができるのは、平日のみになりますので、更新も平日のみになってしまいます。ご了承ください。

ちょっと、怒ってます。先日、A○○Xのデジカメを購入したんですが、不具合があるんですよ。

不具合
1. 撮影して、次の撮影をするまでに、かなり時間がかかる。
2. フラッシュ撮影して、次のフラッシュ撮影をするまでに、もっと時間がかかる。

まあ、1万円くらいのデジカメなので、多少使い勝手が悪いのは仕方がないと思って購入したんですが、フラッシュがすぐに使えないのは痛いです。「写るんです」より出来が悪い。ちょっと痛すぎるので、カスタマーセンターに電話してみました。

ちなみに、フラッシュについては、デジカメの電源を入れるだけでは、フラッシュモードにならず、フラッシュボタンを押してからでないと、フラッシュが焚かれないというユーザインターフェースなんです。ユーザは、フラッシュモードにするのに、1アクション余計に必要。つまり、1アクションおくことにより、オペレーションの時間稼ぎを狙うという典型的な方法。だから嫌な予感はしてたんですが、予想通り、
「仕様だからどうすることもできない。」との回答でした。

ちなみに、1.については5秒。2.については10-20秒かかることもあるのが仕様とのことでした。

「じゃ、みんな撮るよー。ハイ、チーズ。」
「目つぶっちゃった。もう一枚!」
「OK。OK。じゃあ、20秒待ってね!」
とか、ありえない。

そんな日の当たる所ばっかりで撮影するわけじゃないし、第一、僕の人生にあんまり日が当たってない。(関係ない)
カスタマーセンターの方は、この質問には慣れている模様で、懇切丁寧に仕組みを説明してくれましたが、仕組みはどうでもいいから、すぐ撮れるようにしてくれ、というのが本音。
返品については、販売店に相談してくれとのことでした。クーリングオフの期間は過ぎているので、あまり期待はできないのですが、問い合わせてみます。

僕も、仕事柄、「そんな仕様はありえないでしょう!!」なんて、よく言われるのですが、久々に、逆の立場に立ってみました。逆の立場に立つと、よく分かりますよ。
やっぱり、そんな仕様はありえない!
posted by Roma at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

あきらめたら、そこで試合終了だよ。

安西先生の言葉です。

なんか、まんが喫茶ブログみたいになってきましたが、昨日は、スラムダンクを読みました。ひょんなことから、先日、スラムダンクの話が出てきて、そういえば、どんな最終回だったんだっけ?と思ったので、最後の10巻くらいを読んでみました。

感動っ。。。

まんがは、日本の文化ですよ。ほんとすごいと思います。
(この辺↑が既に、ヲタクかも。)

僕の中では、「あきらめたら、そこで試合終了だよ。」という言葉は、けっこう自分の中に残っていて、仕事とかでも、この言葉を思い出したりします。
けど、後半の半分で20点差をひっくり返せることは、そうそうないですけどね。

「私だけですかね。まだ勝てると思っているのは。」
安西先生、そりゃ無理っすよ。。。

仕事でよく思い出す言葉と言えば、「何かを始めるのに、遅すぎるということはないんですよ。」も、お客さんを説得するのによく使います。これは、僕の先輩の言葉なんですが、簡単に言うと、ちょっと考えつくの遅かったけど、まあ始めてみましょうよ。みたいな。
ネガティブなことを、とてもポジティブに表現できる。そんな言葉を募集しています。
posted by Roma at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

心配と配慮

昨日は、予定通り整体に行って来ました。整体の先生とは、年齢が近いこともあり、よく話すようになってるんですが、昨日は、お客さんの住職さんの話でした。整体というところは、お客様の客層がとても広いため、なかなか楽しいお話が聞けます。

住職さんの説法(?)のテーマは、「気づかいのできる人」です。
住職さん曰く、「気づかい」というのは、気をつかうということで、他人を心配することだと。そして、「気をかける」というのは、他人に気をかけてあげるということで、配慮するということだと。
つまり、気をつかうということは、他人を心配することであり、心配ばかりしていては、対等な人間関係を築くことはできない。大切なのは、心配することではなくて、配慮することだと。それにより、自分も相手も良好な人間関係を築くことができる。ということだそうな。
さすが、住職。深いな。やるじゃねえか。

社会人になって、つきあっていかなければいけない人間が、自分にとって心地の良い人間だけではなくなりました。その人間関係を乗り切るために、おもしろい考え方だなと思いました。周りの人間に、「配慮する」という考え方だと、ちょっと救われる気がします。気だけかも知れませんが。

そうそう、「接客」という言葉と、「人に接する」という言葉も、だいぶ意味が違うそうな。確かに、こう並べて聞くと違いますよね。

えっ、どこが違うかって?響きが違う。ニュアンスの問題です。

是非とも「人に接する接客」を心がけていきたいものです。
posted by Roma at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

原因があるから結果がある!?

今日は整体の日です。

あ、整体の日という日が、カレンダー上に決められているのではなく、僕が、整体の予約をしている日ということです。略して、整体の日。

整体に、行き始めたきっかけは、自律神経失調症なんですよ。

ちょっとした仕事上のストレスだったはずなんですが、朝起きると、背中が冷たくなってる。。。文章にすると簡単ですが、当時は、とてもしんどかったです。体力が低下しているのか、ちゃんと寝てないのかわからないのですが、起きても体がだるく、ひどいときには、そのまま起き上がれず、寝てしまう。
どうしようもないので、医者に行くと、自律神経失調症だから、2週間ほど休みを貰って、ゆっくりしなさいと言われ、しょうがないので、その旨を上司に伝えました。

人のいい上司は、「もちろん、休みをとって構わない。けど、今やってる仕事だけは、終わらせてからにして欲しい。1ヶ月後でどうだろう。」という返事。
普通の会社だったら、そんなもん気合でなんとかせえええ、なんて言われかねない病名(偏見かな?)ですが、快く承諾してもらえました。条件付だけど。
しかし、そんな簡単に話は進むわけもなく、見事に落とし穴にはまりました。

1ヶ月経つ前に、上司が倒れました。そして、僕の休みもなしになりました。。。

んな、あほな。

まあ、これが症状を悪化させたかどうかはわかりませんが、自律神経失調症だったわけですよ。その仕事は半年後くらいに終わり、その後の仕事は減らしてもらい、ゆっくりしたのですが、症状が改善されません。これには、とても困ったのですが、ネットで検索してみると、自律神経失調症の人は、背骨が曲がってるみたいなことがちらほら書いてあって。
じゃあ、ストレスがかかる前は、背骨はまっすぐだったのか。という問いに、具体的な反論は思いつかないのですが、まあ、だまされたと思っていってみました。

そうすると、だまされてるのかもしれないのですが、症状が改善されたんですよ。症状の改善は、通いだして1ヶ月くらいから現れ、1年経った今は、症状はまるっきりでません。もちろん、朝は起きられないのですが、それは単に、眠いだけです。整体ばんざい!

ということで、毎週1回整体に通っています。もし、自律神経失調症で悩んでいる方がいらっしゃったら、整体に行ってみて下さい。もしかしたら、劇的に楽になるかもしれませんよ。
じゃあ、行ってきます。
posted by Roma at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

ぐるぐるまわります。

最近、まんが喫茶にはまってます。(遅い?)
まあ、特にまんが喫茶に行き始めたのは、最近ではないんですが、11月の試験が終わってから、行きまくりました。会社帰りに入って、終電で帰るとか。(はやく帰れ。)

で、何を読んでたかというと「うしおととら」です。(遅い?)

ストーリーは(今更説明するまでもないですが)、普通の高校生の「うしお」が、家の蔵の地下に閉じ込められていた「とら」という妖怪に出会い、そこから史上最強の妖怪を倒しに行くというもの。
いやあ、最後の3巻くらいはよかったですよー。仲間さいこーっみたいな。みんなに10年以上遅れて、感動しました。

まんがは、日本の産業だという話がありますが。正にその通りだと思います。
こんなに人を感動させることができる作家がいるんだ。ということを認識すると共に、自分ももっとがんばろうと思ってしまいます。(←踊らされすぎ?)

ちなみに、僕が好きなまんがは下記の通り。楽しいですよー。

蒼天航路
ジパング
海猿
め組の大吾

そうそう、うしおととらって、33巻で完結した後、外伝が1冊あるんですよ。
その最後の話が、とらが、閉じ込められることになった時のストーリーなんですが、そのラストシーンは、うしおが扉を開くシーンで終わるんですよ。
もちろん、また1巻から読み始めました。時間がいくらあっても足りません。
posted by Roma at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

英会話スクールの歩き方

昨日は、英会話スクールの下見に行ってきました。英会話スクールに行ったからといって、かけるお金に見合うほど、英語が上達するとは思ってないのですが、会社から1年間有効の補助金が出るので、やっぱ何かしないと損かなくらいで。

英会話スクールの先生のプロ意識って低くないですか?まだ外国人の先生しかあたったことないんですけど、「何で英会話の先生やってるんですか?」なんて聞くと、「これが日本で働くためのいちばん簡単な方法なんだよ。」みたいな。ばかやろう、みたいな。
仕事をなめてるとしか思えない発言が大好きで、蹴り倒したくなります。

今回の英会話スクールでは、そこまでひどい方ではなかったんですが、「スクールの成果をどのように生徒さんに実感させることができますか?」という問いに対しては、僕の納得できる回答はありませんでした。
僕は、職業柄、お客さんに対し、ゴールを設定して、どのようにすれば、そのゴールまで辿り着けるかということを教える(というと偉そうですが、そんなに偉くないです)というようなことをしているため、終わったら何が得られるのかということに非常に興味を持っています。というか、お金払ってるんだから、みんなそこに興味を持っていると思うのですが。。。しかし、英会話の先生で、それを明確に打ち出せる方をみたことがありません。確かに、英会話というのは、進歩の測定が難しいとは思うのですが、それだからこそ、みんな高いお金を払ってるのでは?と思ってしまいます。それがプロなのでは?みたいな。

ということで、昨日の英会話スクールはボツ。もう少し、冷やかし作業を続けてみたいと思います。どこか、いい英会話スクールがあれば教えてください。
posted by Roma at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

パイオニーアー

僕、イチローより野茂が偉いと思うんですよ。
やっぱ、イチローも佐々木も高津も、みんな一番最初に野茂がいろいろなプロ野球の障害を乗り越えて、海を渡ったからあるわけじゃないですか。
みんな野茂が分け入った場所を踏みしめて、けもの道を作って、それが今、道路になりつつあるわけですよ。だから野茂さいこー。

ちなみに、サッカーだと、ブラジル留学して日本のJリーグを作ったカズとか好きだし、
初めて海を渡ってセリエAで活躍した中田も好きです。
(活躍できたかという点で、ここはカズより中田を評価。)

ということで、今日は、田臥です。
日本人初のNBA選手の誕生ですよ。174cmですよ。ありえない。
ありえないけど、NBAへの道を拓くのは、彼しかいないと思ってたわけです!!
僕は、高校でバスケとかやってたので、感慨もひとしおなのです。感激っすよ!

高校V9を引っさげてアメリカを目指し、留学とか、解雇とかで
いろいろ挫折とかもあったんだろうけど、やっとここまで辿り着いてくれた感じ。
彼は、日本での実績はあるし、アメリカでも日本人が通用することを示してくれるはず。
きっとスラムダンク世代の思いを実現してくれるはずです!がんばれえええ!!
posted by Roma at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

社会人としてのマナー

昔から、車とかバイクとかが好きなんですけど、こないだカートに初挑戦したんですよ。カートというのは、50CCのエンジンを積んだ小さな車でサーキットを競争するというような趣旨なのですが、雨だったにもかかわらず、みんなでとても盛り上がりました。

カートは、会社のみんなで行ったんで、そこで初めて知り合いになる人もいたんですが、
先週、いつもと別のオフィスに行ったら、たまたま、カートで一緒だった人とすれ違ったんですよ。
僕は、普通に、「こんにちはっ!」って挨拶したんですが、その人は無視するように通り過ぎて、でもさすがにその人にしか挨拶してないようなシチュエーションだったんで、振り向いて、「どなたでしたっけ?」のようなリアクション。
「こないだカートで一緒だった、、、」と言ってみると、「そうかそうか。ごめんなさい。全然わかんなかったですよー。」みたいな。
いやー、人間着てる服が違うとわかんないもんだなーなんて。
けど、社会人なんだから、人の顔は、すぐに覚えないと。とちょっと思ったりして。

それはそうと、さっきから営業っぽい若い男の子が、僕の横を通り過ぎるんですが、どっかで見た顔なんですよね。
っと思ってたら、こないだ一緒にカートに行った男の子でした。。。

あ、おれもか。
posted by Roma at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

初めまして。始めました。

初めてブログというものを立ち上げてみました。
他のブログサイトを徘徊するのは、結構好きなんですが、自分で情報発信をするのは初めてです。新しいことをするのは、けっこうワクワクするものですよね。ちゃんと定期的に更新できるようにがんばります。

しかし、、、さみしい。。。
みんな最初はこんなもんなんですかねえ。
サイトを立ち上げるに当たって、「こんなサイト作ったよ(作るよ)」なんて、宣伝するのは簡単なんですが、せっかくネットなんていう新しいコミュニティに参加するので、誰にも言わないでこっそり始めよう。なんて思ったら。。。

誰も見てくれない。。。当たり前なんですが。
なんか、新しい携帯電話買って、誰にも番号教えてない感じ。
まあ、当分はネットの片隅で、とぼとぼ生きていこうと思います。

もし、このネットの離島みたいなサイトを尋ねてくれた方、コメントとかもらえたらうれしいです。また、僕を知ってる方も、コメントしてくれたらうれしいです。
サイト作ってんの知ってるけど、知らないふりするのなしね。

ではでは、始まり始まり。
posted by Roma at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。