2004年11月12日

英会話スクールの歩き方

昨日は、英会話スクールの下見に行ってきました。英会話スクールに行ったからといって、かけるお金に見合うほど、英語が上達するとは思ってないのですが、会社から1年間有効の補助金が出るので、やっぱ何かしないと損かなくらいで。

英会話スクールの先生のプロ意識って低くないですか?まだ外国人の先生しかあたったことないんですけど、「何で英会話の先生やってるんですか?」なんて聞くと、「これが日本で働くためのいちばん簡単な方法なんだよ。」みたいな。ばかやろう、みたいな。
仕事をなめてるとしか思えない発言が大好きで、蹴り倒したくなります。

今回の英会話スクールでは、そこまでひどい方ではなかったんですが、「スクールの成果をどのように生徒さんに実感させることができますか?」という問いに対しては、僕の納得できる回答はありませんでした。
僕は、職業柄、お客さんに対し、ゴールを設定して、どのようにすれば、そのゴールまで辿り着けるかということを教える(というと偉そうですが、そんなに偉くないです)というようなことをしているため、終わったら何が得られるのかということに非常に興味を持っています。というか、お金払ってるんだから、みんなそこに興味を持っていると思うのですが。。。しかし、英会話の先生で、それを明確に打ち出せる方をみたことがありません。確かに、英会話というのは、進歩の測定が難しいとは思うのですが、それだからこそ、みんな高いお金を払ってるのでは?と思ってしまいます。それがプロなのでは?みたいな。

ということで、昨日の英会話スクールはボツ。もう少し、冷やかし作業を続けてみたいと思います。どこか、いい英会話スクールがあれば教えてください。
posted by Roma at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1019110

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。