2006年02月26日

賢太郎!賢太郎!賢太郎!

僕は、トリノのアルペン男子回転に出場した、皆川賢太郎と、少し話しをしたことがあります。

学生のころ、競技スキーをしており、1度だけ、バイトで貯めた貯金をはたいて、ニュージーランドへレーシングキャンプに行ったことがあります。そこで、彼と会いました。彼は、スポーツのトップ選手にありがちな、横柄なところは少しもなく、とても謙虚に、僕らと話をし、ビリヤードしたりして、時間をすごしました。当時、彼は、ナショナルチーム入りを辞退し、国内に留まって練習していた時期だったので、海外で日本人と話すのが楽しかったのかもしれません。1つ年下にもかかわらず、競技に対しても、生き方に対しても、とてもしっかりした考えの持ち主で、木村公宣の次は、絶対に皆川賢太郎の時代だ!と確信したことを、今でも覚えてます。

僕は、卒業後、当然のように就職し、当然のようにスキーを脱ぎました。卒業後も数年は、草レースに参加したりもしましたが、ここ数年はそれもなくなり、今年は、まだ1回しか、スキーに行っていません。準備にも、移動にも時間とお金がかかるため、自分の人生からスキーというスポーツがどんどん遠ざかってしまっていました。
彼の活躍も、ワールドカップの深夜放送から、新聞のスポーツ欄の小さな記事になり、そしてメディアのフォーカスは、佐々木明というその次の世代の選手に移ってしまっているんだなということを、一抹のさみしさと一緒に感じていました。

そんな中、今回のオリンピック男子回転です。スタートリストを見れば、彼も、佐々木明も第一シード。調子を上げてきてたのですね。日本人が、第一シードに二人いるという事実に驚いたことと、あの日見た皆川賢太郎が、まだスキーを履いて滑っている姿に心臓を掴れるような思いでした。自分の中で、遠い思い出として風化しつつある世界に、まだ現役として立っていて、世界最高峰の舞台に上り詰めている。ブラウン管を通してみる彼は、会ったときよりも1回りも2回りも大きな体をしていて、日本のトップアスリートから、世界のトップアスリートとなったことを証明していました。

結果は、残念ながら4位に終わってしまいましたが、終了直後の興奮状態であろう、一番最初のコメント、

「くやしいです。アルペンにメダルが欲しかったです」

を聞いて、

「メダルが欲しかった」

ではなく、

「アルペンにメダルが欲しかった」

というところに、あの日の彼を思い出しました。

そして、大学生の湯浅という選手が、7位。世界の1桁に入る選手が、3人もいるという今の日本チームの状況が、木村公宣から渡されたバトンで、彼が作り上げたものなのかなと。今後も活躍を期待したいです!
posted by Roma at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

ニンメイ

カレーを作るからと言って、ここ数日定時に帰る同僚日本人男子。

カレー大臣に任命してやろう。。仕事もがんばってしてくれよ。。
posted by Roma at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

実験中

忙しすぎて、このところずっと土日出勤して働いているチームに、助っ人として、その道のエキスパートではない50歳をすぎたおじさんを工数0.5で投入するという実験を行うらしい。

勘弁してやれ。。。
posted by Roma at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

今度は東急インですかA。

泣きましたね。

問題が、障害者スペースであり、倫理的・道義的観点からいかがなものかということはともかく、あれだけ大見得を切るんだから、現在の障害者の方の利用状況とコストの関係とかを提示して、居直り続けるのかと思いきや、、、流行ってるんですかね。
耐震偽装のおっさんといい、お茶の間に笑いを提供してくれる経営者が多くて最高です。
posted by Roma at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

映画:ミュンヘン見てきました

土曜日に、ミュンヘン見てきました。
公開初日に映画館に行くとか、初めての経験だったんですが、バイクに乗るには寒すぎたので。。

以下、ネタバレなしで。

けっこうよい映画でした。個人的には、ビデオを待つより映画館へ足を運んだ方が価値があると思います。


「楽しかったか?とか、さわやかな気分になったか?とか問われると、胸を張ってノーです。」


まあ、テーマがテーマなので、これは仕方がないでしょう。
それよりも、映画の中の時代感とか、登場人物の苦悩とか、現場の恐怖感とかがよく描かれてると思いました。

かなり見ごたえのある映画ですが、見た日の晩は、夢に出てきましたよ。

平和ボケと言われようとも、平和な国に生まれてきてよかったとつくづく思う。。
posted by Roma at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。