2004年11月11日

秘密兵器登場

今回の受験では、FARからAUDITまで、中3日あったんですよ(スケジュールがここしか決まらなかった)。なので、南国の楽園でずっと勉強してました。
けど、部屋で勉強してると昼寝とかしちゃうんですよね。しわ寄せは全部試験前日にシワシワ。いやあ、意志の弱さが露骨にでてます。ヤダヤダ。しかし、予定していた復習はなんとか終わらせたかったんですよ。やばい、このままでは終わらない!そこで、登場したのが、秘密兵器「フジスタミンのモカ」!!(リンク探したけど、みつかりませんでした。名称間違ってるかも知れません。)

まあ、眠くなったときに飲むと目が覚めるというような飲み物ですね。出発前に、こういうこともあろうかと、薬屋さんに行ってきたんですよ。短絡的発想。
初めは、リゲインとか、ゼナとかがいいかなあと思ったんですが、「試験中に眠くなりたくないんです。」と薬剤士さんに相談したところ、じゃあ、これなんかいいよと推薦してもらったフジスタミンモカです。

これがすごい。僕は、この手の飲み物はお腹が痛くなりそうであまり好きじゃないんです。だから余計に効いたのかもしれませんが、ぜんぜん眠くならない。いつもなら、ふらーっと眠りに落ちてしまいそうな時間でも、眠くならない。むしろ眠れない。
まあ、当然1日中しゃきっとしているわけではなく、「ちょっと頭痛くけど眠れない」という状態のときもありますが、結果的に勉強はかなりすすみました。ありがとうフジスタミンモカ。

しかし、ここからが大変。試験は朝9時だから(7時起床予定)、早めに寝なきゃと思と思い、23時半にはベットに入ったのですが、眠れない。ありえない。
明日早く起きなきゃいけないんだと思えば思うほど眠れない。(←悪循環)
しかも、頼りにしていた携帯の目覚ましが、携帯の充電が切れたああああああああああああああ。ありえない。
風邪ひくとやなので、クーラー消して寝てみる。暑くて眠れない。(←悪循環)
そんなこんなで、うつらうつらとしては、気になって起きるということを一晩繰り返し、6時に起きました。朝早すぎ。漁師になれるかもみたいな。
結局、6時から起床予定の7時まで、人生初の早朝勉強して、試験に臨みました。ちなみに試験中は、そんなに眠くなりませんでした。休憩時に飲んだリゲインが効いたのかもしれませんが。
しかし、試験が終わって空港に向かう頃から、今度は、だんだん喉が痛くなってきました。そして、お昼のチーズバーガーを食べていると頭も痛くなってきました(喉が痛い状態でハンバーガー食べてること自体がイタイ)。空港で、ベンチを占拠して寝てると、熱が出てきました。そう、風邪です。
緊張の糸が切れたんでしょうか。なんてわかりやすい。

ということで、頭が痛く、帰りの飛行機・電車でもほとんど寝れず。死ぬかと思ったグアム受験旅行でした。
恐ろしやフジスタミンモカ。
posted by Roma at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | USCPA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。